機能

モータ解析ソフトMotorSolve SRM -作業工程

MotorSolve SRMはスイッチドリラクタンスモータのデザイナーとして使用することが出来ます。
MagNetモデルとして出力することで、有限要素解析モデルを簡単に作ることが出来ます。


MotorSolve Work Flow

形状のパラメータ設定

・ロータステータの形状寸法 
・インナー、アウタータイプの両方に対応
・極数、スロット数のダイナミックな変更 
・多相デバイスをサポート
・拡張データベースから、線材と積層材を選択

巻線レイアウト

テーブル入力によるマニュアルレイアウト
様々な巻線デザイン手法をサポート
関連ファクタの自動計算(巻線係数、占積率、誘起電圧など)

結果出力について

MotorSolveで各出力結果に応じて必要なパラメータを入力することで所望の結果を得ることができます。
ソルバーは静解析と運動過渡解析の二種類です。

静解析ソルバー

静解析ではモータ特性に必要な値を素早く算出することが可能です。結果は速度項の影響を考慮しないためPerformance Chartの結果と等しくなります。
精度と計算時間を10段階でトレードオフすることで、簡易計算から高精度な結果まで自由に選ぶことが可能。FEAが初めての方でもメッシュ形状を気にせず、結果の評価が可能です。
結果の種類:トルク、電流、鎖交磁束、インダクタンス等

運動過渡解析ソルバー

運動過渡解析では理想的な電流、電圧波形に対して、速度項を考慮したモータ特性の解析が可能です。また、全ての時間ステップにおいて磁性体の飽和を考慮して計算を行います。
結果の種類:トルク、入出力、電流、電圧、損失、鎖交磁束、エネルギー等
      波形、及び実行値の出力が可能です

仕様作成とレポート

MotorSolveは、モデル形状、仕様、解析結果をレポートとしてPDF形式、Web(htm)形式で出力することが可能です。