機能

モータ解析ソフトMotorSolve BLDC -作業工程

MotorSolveは、初期デザインから性能の評価までのエンジニアによる一連の作業をスムーズに行うことが出来ます。


MotorSolve Work Flow

設計サイクルの短縮

MotorSolveは、作業の効率改善と設計サイクルの短縮することを目的としたソフトウェアです。
これらを実現するうえでのキーポイントは、下記のとおりです。
・自動FEAシミュレーションと伝統的な手法とのハイブリッドなマシンデザイン
・理想駆動と実機の駆動条件に基づいた結果出力
・使いやすいテンプレートインターフェース
・自動巻線形状
・精度の高い損失計算
・システムシミュレーション用モデルの出力

初期デザインのサイジング

初期デザインの寸法を決めることは、効率的に作業を行ううえで重要になります。
MotorSolveでは、トルク密度や電流密度などの条件から自動的に決定することが出来ます。


自動寸法決め

テンプレートライブラリ

MotorSolveBLDCは、インナー型、アウター型の様々なロータタイプとステータタイプのテンプレートが予め用意されおり、組み合わせを自由に決めることが出来ます。


※テンプレートの一部を掲載しています。

形状のパラメータ設定

各テンプレートのパラメータを変更するだけで、目的のモデルを作成することが出来ます。
・極数、スロット数
・形状詳細寸法(磁石、スロットなど)
・積層厚
・材料
・温度
・スキュー角など

自動巻線設計

MotorSolveは、モータの自動巻線レイアウト機能が備わっており、基本情報を基に順位立てて適切なレイアウトを提案します。
これにより汎用ソフトウェアでは時間の掛かるターミナル設定作業を短縮することが出来ます。
また、複数の巻線の寸法決めの手法をサポートしており、関連ファクタ(巻線係数、占積率、誘起電圧など)の自動計算も行います。


※ 3相120°通電方式以外も対応しています。

自動ソルバー

MotorSolve BLDCは、自動有限要素解析に基づいてマシン性能を計算し、モデル構築、メッシュ定義、ポスト処理作成等の作業なしで、複数のデザインや駆動条件を比較した特性曲線を出力することが可能です。

パフォーマンスチャート

パフォーマンスチャートでは、モータの基本的な性能をワンクリックで得ることが出来ます。
・コギングトルク ・誘起電圧 ・電流 ・トルク-速度曲線 ・ギャップ磁束

解析チャート

ブラシレスDCモータのより詳細な特性を解析するために、必要なソルバーが用意されています。

D-Q 軸解析
・1つのFEAシミュレーションからすばやく性能特性を確認することが出来ます。
・分布定数解析を使用して、等価回路モデルの要素のdq軸特性を計算することが出来ます。

PWM 解析
・3相ブリッジにおける電気的な整流作用のダイナミックなシミュレーションを実行します。
・矩形波、正弦波の両方に対応
・高速運転時に重要となる理想波形と異なる駆動電流の考慮が可能です。

過渡解析
・非線形のFEAシミュレーションを時間応答で実行します。
・Y巻線、Δ巻線に対応
・正弦波、矩形波駆動の両方に対応
・全ての駆動条件と最終デザインのために最も精度の高い解析結果を出力します。

分布表示

チャートの他に瞬時値または時間平均値での分布表示が可能です。
減磁予測、磁束密度、渦電流、巻線電流密度
ヒステリシス損失、渦電流損失、銅損、鉄損など
解析結果の分布

システムシミュレーション

PWM解析で計算された機械特性(トルクなど)と電気特性(R,Ld,Lq,Φなど)は、分布定数の応答曲面モデルとして、VHDL-AMSまたはMatlab/Simulinkの形式で保存することが出来ます。
既存のシステムモデルに、解析モデルのブロックを組み込むだけで、制御系の統合的なシステムの評価を行うことが可能です。

設計仕様とレポート出力

MotorSolveは複数のデザインの仕様を比較するために、それぞれの設計仕様の管理をすることが出来ます。
また、モデル形状、仕様、解析結果をレポートとしてPDF形式、Web(htm)形式で出力することが可能です。

モデルデータの出力

作成したモデルは、以下のフォーマットに変換し出力することが出来ます。

  • ・DXF(2次元図面)
  • ・MagNet7モデルファイル(図面、材料、解析設定)
  • ・VHDL-AMS形式

オリジナルテンプレート

ロータ、ステータともに、オリジナルテンプレートの作成サービス(有償)を行っております。
ユーザ独自のアイデアをMotorSolveに取り込むことが可能です。