機能

3DCAD統合磁場解析ツール MagNet for SOLIDWORKS 機能


ソルバの種類

MagNet for SOLIDWORKSは以下のような解析に幅広く対応しています。
  • 過渡応答
    – 非線形解析
    – 高次の補間(時間)
    – コアロス、近接効果、渦電流の考慮
  • 周波数応答
    – 単一周波数の正弦波入力に対する場の解析
    – 渦電流、変位電流、表皮効果、近接効果の考慮
  • 静磁場
    – 非線形解析
    – 磁石素材を含む様々な導体に流れる指定電流


モデリング


・スタディの設定
材料特性、回路、パラメータ等はFeature Managerデザインツリーで定義します。


・コイル
– 電流方向の自動的な決定による素早いコイル設定
– 結合したコンポーネントの自動検出
– コイルの断面積の自動的な測定
– 巻線またはソリッドの設定


デモ動画:電流方向の自動的な決定による素早いコイル設定




・メッシュ
– 拡張性のあるマニュアルメッシュ制御
– メッシュレイヤーにより表皮効果および、異方性体積
    要素の解析が可能
– アダプティブ機能による計算点の修正




・材料
– 定義済みの線形、非線形、異方性の材料ライブラリ
– スタインメッツ式による先進的な損失計算

ポスト処理


・最新のポストプロセッシング
解析結果においてコンポーネントを切り離し、移動させることでデバイス内部の結果の分析が可能です。
フレキシブルな断面移動により詳細な評価が可能です。


デモ動画:デバイス内部の結果の分析

デモ動画:フレキシブルな断面移動により詳細な評価が可能




・解析結果
– 巻線、渦電流、ヒステリシス損
– 減磁
– 磁束密度、電流密度、ローレンツ力の密度
– エネルギー、鎖交磁束
– 電圧、電流
– 力、トルク
– インピーダンス、インダクタンス



・レポート
– 設計パラメータ、動作データ、概要の比較がSOLIDWORKS内に記録可能
– レポートをPDF形式で出力可能
– クリップボードまたはエクスポートのどちらかにより結果への容易なアクセスが可能



・エクスポート
– MagNetやその他の拡張オプションへのエクスポートが可能