疲労寿命/信頼性評価解析ソフトwinLIFE

疲労寿命/信頼性評価解析ソフトwinLIFE -製品概要

winLIFEは構造コンポーネントの疲労寿命を計算するソフトウェアです。必要とされる応用分野に応じて各種のモジュールが用意されています。
また、実験/測定サービスとソフトウェアのカスタマイズ/機能開発サービスにより、各種要望に応じた最適な設計作業環境の構築をサポートします。

winLIFEは、荷重スペクトルの準備から報告書の作成・印刷まで、必要なすべてのステップをサポートします。winLIFEの開発チームは、お客様との密接な協力のもと、疲労解析サービスも提供しています。

winLIFEプログラム(有限要素を用いた疲労寿命情報)では、静的強度の保証から、動的荷重のもとでの疲労寿命計算まで、全プロセスの計算が可能です。伝統的な(FEAを用いない)方法で計算を実行することも可能であり、この場合、公称応力に基づく方法と、切欠き係数(局所的な切欠き効果を表すための係数)を用いた局部ひずみアプローチがあります。

winLIFEを有限要素解析(FEA)とともに用いる場合、各節点の応力値が疲労計算のベースとしてwinLIFEにインポートされます。

安全性が重視されるコンポーネントでは、実験またはリグ試験によって追加調査を行う必要があります。しかし疲労は統計的な現象であるため、多数の試験が必要となりコストが増大します。疲労寿命計算は、重要パラメータの特定に役立つため、必要となる試験回数を削減してくれます。

疲労寿命計算によって、相対的な疲労寿命予測が可能となり、開発プロセスの早い段階で疲労寿命を推定できるようになります。その結果、動的荷重を受けるコンポーネントの開発プロセスが大幅に短縮されます。

winLIFE QUICK CHECK

パーツに対する要求水準がその耐久限度よりも(はるかに)低い場合は、このモジュールの検証を実行することで、しばしば時間と労力を大幅に削減できます。さらなる疲労強度試験は必要ありません。最大荷重を用いて静的FE計算を実行するだけでよく、その結果をもとにwinLIFEが耐久限度の消費率(degree of utilisation)を計算します。FEMAPユーザーであれば、winLIFE QUICK CHECKを簡単に使いこなせます。

winLIFE BASIC

疲労寿命計算の基本機能をサポートしているwinLIFEの基本モジュールです。自動車、航空機、風力発電、造船などの分野で使用される多くのコンポーネントに適用できます。大学向けのバーションも提供されています。

winLIFE MULTIAXIAL

winLIFEの拡張モジュールであり、主応力方向が回転しているコンポーネントの疲労寿命を計算します。

winLIFE MULTIAXIAL MULTI CORE

winLIFE MULTIAXIALと同じ機能ですが、マルチコアで実行可能です。非常に高速に結果が得られます。

winLIFE GEARWHEELS AND BEARINGS

winLIFEの拡張モジュールであり、歯車と軸受の疲労寿命を計算します。

winLIFE CRACK PROPAGATION

ParisとErdogan-Ratwaniの式に基づいて、公称応力からき裂伝播速度を計算します。

winLIFE RANDOM

PSD(パワースペクトル密度)によるランダム加振の問題に対して、振動疲労解析を行います。航空宇宙、造船、エレクトロニクス、鉄道車両などの業界では、これがごく一般的な設計手順となっています。構造の認定には実験による証明が欠かせませんが、このモジュールでは、計算によって疲労寿命の推定が可能です。

winLIFE Viewer4winLIFE

winLIFEの拡張モジュールであり、3Dコンポーネントの結果をグラフィカルに表示します。使用法は簡単であり、1回のマウスクリックで結果を確認できます。

疲労寿命/信頼性評価解析ソフトwinLife –動作環境

ユーザーインターフェイス:
Windows標準のインターフェース Windows 7および8に対応 32bit , 64bitに対応

ライセンス形式:
シングルユーザーライセンス、ネットワークライセンス(購入したライセンス数に応じてPC上で使用可能)、ターミナルサーバーライセンス

対応FEAインターフェース:
ABAQUS, ADINA, ANSYS, FEMAP with Nx NASTRAN, Nei NASTRAN, Nx

S-N曲線データベース:
シングルユーザー向けACCESSデータベース、マルチユーザー向けSQLサーバー