機能

熱伝導解析ソフトThermNet -形状モデリング

  • 3D ACIS®モデラーを採用
  • デフォルトでDXF/SAT の読込みが可能
  • Pro/E, STEP, IGES, CATIA ,Inventor の3DCADに対応
  • 3Dコイルクリエータ:
    一般的なコイルタイプをテンプレートで作成、またはカスタマイズしたコイルタイプを簡単に作成
  • ブーリアン機能を完全装備
  • マルチスイープ機能による複雑な形状の作成が可能
  • MagNet7、ElecNet7とモデル共有が可能

メッシュコントロール

・アダプティブ機能による、自動メッシュ修正:
     -要素分割(2D/3D H法)
     -要素の次数制御 (3D、P法)
     -カップリング(3D、H-P法)

・表皮効果の計算や異方性の体積要素の計算に有益なメッシュレイヤー機能
・熱解析との連携では、異なるメッシュを使用することが可能
・運動解析により効果的なメッシングプロセスである“リメッシュ“機能を採用
・拡張性のあるマニュアルメッシュ制御

材料設定

・線形、非線形、異方性の材料に対応
・MagNet、ElecNetの共有ライブラリを使用可能
・熱伝導率、比熱、密度の設定
・温度補間データを考慮可能


温度依存の代表的な物性(左;透磁率、右;抵抗率)

境界条件設定

ThermNetには、熱伝導解析用に様々な境界条件が用意されています。
モータには

  • 断熱
  • 温度固定
  • 雰囲気温度、熱伝達係数、放射係数
  • ギャップの熱交換(回転機)

パラメトリックモデリング

ThermNetでは、各オブジェクトを変数化することによって様々な条件のモデルを一度に解析・比較評価を行うことが出来ます。

スクリプト機能

ThermNetは、ActiveX Scriptingに対応しており、既存の機能だけでなくプログラムカスタマイズ環境をユーザに提供しています。

  • 反復作業の自動化(作業ログ、イベント制御等)
  • Excel®やMatLab®などの、他製品とのリンク
  • ユーザニーズに対応してカスタマイズ可能(ツール、アイコン登録など)

ソルバとポスト処理

定常熱伝導解析ソルバ

材料の温度依存を考慮して温度定常状態を計算します。


ヒートシンク付きのバスバーの解析

非定常熱伝導解析ソルバ

比熱と密度の温度依存も考慮して、温度の非定常状態を計算します。
発熱量の時間依存データを入力することも可能です。

ポスト処理

ThermNetのポスト処理機能を使用して、様々なデータの分布表示が可能です。

・磁気的な発熱量(損失など)
・熱的な発熱量
・熱流速
・温度

MagNetとの連携システム

MagNetとの連携にコ・シミュレーション技術を採用し、それぞれ次元の異なる時間を別々に定義することが出来ます。
定義した時間ステップで、MagNetによる損失結果(銅損、鉄損、渦電流損など)とThermNetによる温度データが相互に交換されます。
材料の温度依存はこのデータ交換時に考慮されます。

連携の組み合わせ

MagNet7とThermNet7は、それぞれのソルバーを組み合わせることで、その電磁デバイスの温度環境に広範囲に対応します。

  MagNet ThermNet 対応アプリ
1 静磁場解析 定常解析 導線の発熱など
2 静磁場解析 非定常解析 導線の発熱など
3 周波数応答解析 定常解析 誘導加熱(IH)、トランスなど
4 周波数応答解析 非定常解析 誘導加熱(IH)、トランスなど
5 過渡解析 定常解析 誘導加熱(IH)、トランスなど
6 過渡解析 非定常解析 誘導加熱(IH)、トランスなど
7 運動過渡解析 定常解析 モータ、アクチュエータ
8 運動過渡解析 非定常解析 モータ、アクチュエータ
ソルバー対応表