機能

モータ解析ソフトMotorSolve DCM -作業工程

MotorSolve DCMは初期デザインから性能の評価までのエンジニアによる一連の作業をスムーズに行うことが出来ます。
MagNetモデルとして出力することで、有限要素解析モデルを簡単に作ることが出来ます。


MotorSolve Work Flow

設計サイクルの短縮

MotorSolveは、作業の効率改善と設計サイクルの短縮することを目的としたソフトウェアです。
これらを実現するうえでのキーポイントは、下記のとおりです。

  • 極数、スロット数のダイナミックな変更
  • 多相デバイスをサポート
  • 拡張データベースから、線材と積層材を選択

初期デザインのサイジング

初期デザインの寸法を決めることは、効率的に作業を行う上で重要になります。
MotorSolveでは、トルク密度や電流密度などの条件から自動的に決定することが出来ます。

テンプレートライブラリ

MotorSolveDCMは様々な電機子及びステータタイプのテンプレートを選択し、 組み合わせる事が可能です。

形状パラメータの設定

各テンプレートのパラメータを変更するだけで、目的のモデルを作成することが出来ます。

  • 極数、スロット数
  • 形状詳細寸法(磁石、スロットなど)
  • 積層厚
  • 材料
  • 温度
  • スキュー角など

自動電機子巻線設計・コミュテータ・ブラシ設定

MotorSolveは、モータの自動巻線レイアウト機能が備わっており、基本情報を基に順位立てて適切なレイアウトを提案します。
これにより汎用ソフトウェアでは時間の掛かるターミナル設定作業を短縮することが出来ます。
また、ブラシやコミュテータも視覚的に設定が行えます。

自動ソルバー

自動有限要素解析に基づいてマシン性能を計算し、モデル構築、メッシュ定義、ポスト処理作成等の作業なしで、複数のデザインや駆動条件を比較した特性曲線を出力することが可能です。

パフォーマンスチャート

パフォーマンスチャートではブラシ付きDCモータの基本的な特性をワンクリックで得ることができます。

  • コギングトルク
  • 誘起電圧
  • 誘起電圧定数
  • トルク定数
  • スピード-トルク曲線
  • エアギャップ磁束

アナリシスチャート

モータのより詳細な特性を解析するために、必要なソルバーが用意されています。

  • コギングトルク
    理想的な電流を使用した、解析を行います。そのため高速に定常状態の解が得られます。
  • 電圧駆動解析
    電圧源を設定し、すべての時間ステップで非線形有限要素法解析を行います。
    そのため、様々な動作環境に対して高精度な解を得られます。

分布表示

瞬時の各解析結果の分布が確認可能です。
表示可能な分布は下記になります:

  • 磁束
  • 磁束密度分布
  • 電流密度
  • 巻線損失
  • 減磁予測等


磁束密度分布&磁束線表示

設計仕様とレポート出力

MotorSolveは複数のデザインの仕様を比較するために、それぞれの設計仕様の管理をすることが出来ます。
また、モデル形状、仕様、解析結果をレポートとしてPDF形式、Web(htm)形式で出力することが可能です。


Summaryページ

モデルデータの出力

  • MagNetファイル(モデルファイル)
  • ステータおよび電機子のDXFデータ(2次元図面)

オリジナルテンプレートおよびDXFデータの読み込み

既存のテンプレートで対応していないモータ形状については、DXFデータを直接読み込み解析が可能です。また、オリジナルテンプレートの作成サービス(有償)も行っております。
ユーザ独自のアイデアをMotorSolveに取り込むことが可能です。