機能

磁場解析ソフトMagNet -機能


形状モデリング


  • ACIS®カーネルをベースとしたモデラーを採用
  • デフォルトでDXF/SAT の読込みが可能
  • Pro/E, STEP, IGES, CATIA ,Inventor の3DCADに対応
  • 3Dコイルクリエータ: 一般的なコイルタイプをテンプレートで作成、またはカスタマイズしたコイルタイプを簡単に作成
  • ブーリアン機能を完全装備
  • マルチスイープ機能による複雑な形状の作成が可能

メッシング


  • アダプティブ機能による、自動メッシュ修正:
    • – 要素分割(2D/3D H法)
    • – 要素の次数制御 (3D、P法)
    • – カップリング(3D、H-P法)
  • 表皮効果の計算や異方性の体積要素の計算に有益なメッシュレイヤー機能
  • 熱解析との連携では異なるメッシュを使用することが可能
  • 運動解析に対してより効果的なメッシングプロセスである“リメッシュ“機能を採用
  • 拡張性のあるマニュアルメッシュ制御

材料モデリング


  • 線形、非線形、異方性の材料を取り扱うことが可能
  • スタインメッツ式を基にした先進的な損失計算
  • ユーザ定義材料の追加、 材料編集機能とカーブフィット機能

パラメトリックモデリング


  • 複数の条件の実行と比較を行うことが可能(What-if 分析)
  • 多くのオブジェクトを変数化し (形状、材料、メッシュ設定など) 、数値範囲を指定することが可能

スクリプト機能


MagNetは、ActiveX Scriptingに対応しており、既存の機能だけでなくプログラムカスタマイズ環境をユーザに提供しています。
  • 反復作業の自動化(作業ログ、イベント制御等)
  • Excel®やMatLab®などの、他製品とのリンク
  • ユーザニーズに対応してカスタマイズ可能(ツール、アイコン登録など)

ソルバの種類


・静磁場解析ソルバ ST2/3D




・周波数応答解析ソルバ TH2/3D
  •  - 単一周波数の正弦波入力に対する場を解析します
  •  - 線形、非線形の磁性材料に対応
  •  - 渦電流、変位電流、表皮効果、近接効果が考慮
          されます




・過渡解析ソルバ TR2/3D
任意波形の入力に対して、瞬時値(時間応答)で解析を行います。
  •  - 回路連成
  •  - パラメトリックモデリング
  •  - 時間アダプティブ機能




・運動過渡解析ソルバ VL2/3D
  •  - 回路連成
  •  - 負荷運動と強制運動に対応
  •  - 6自由度運動
  •  - 複数駆動部の取り扱い
  •  - 減衰ばねモデルをサポート
  •  - スライドインターフェースとリメッシュ機能を装備
  •  - 様々な負荷条件テーブルを用意(時間、速度、
           方向、位置依存)

マルチコアオプション(各ソルバ共通)


MagNet7は、マルチコア環境に対応しており、並列処理を行うことが出来ます。
計算コストの掛かる解析には、よりパフォーマンスを向上させることが出来ます。

鉄損計算機能


MagNet7は積層材のスタインメッツ式を使用した鉄損計算手法を採用しています。
  • 鉄損曲線より、近似式の係数を自動計算
  • ヒステリシス損、渦電流損、総損失をそれぞれ出力
  • 面方向、積層方向の非線形異方性と占積率を考慮

着磁機能


着磁解析を行うことにより着磁ヨークからの磁化パターンを保存し、実デバイスモデルに読込むことが可能です。保存されたパターンモデルは、メッシュ再分割や磁化方向反転、コピーや転置にも対応します。これにより、任意の磁化パターンのモデル化や着磁プロセスの評価を容易に行うことが出来ます。

プレートの境界条件


シールド材などのメッシュ生成にコストが掛かる薄いプレートのために、Thin Plate Boundaryが用意されています。 プレートのモデル化をすることなく、面に厚みと材料を指定するだけで仮想条件でシールド効果の解析が可能です。

表面インピーダンス境界


導体に高周波の入力があり、表皮深さが非常に薄い場合、表面インピーダンス境界が有効です。 導体の内部のメッシュを生成せずに理論式より面のインピーダンスが計算されます。渦電流分布も確認可能です。 MagNet7では線形・非線形の磁性材料の表面インピーダンスが計算可能です。

システムシミュレーション


・リアルタイムシミュレーション
(Simulink Plug-in,PSIM Plug-in)

プラグイン機能を使用し、SimulinkやPSIM上でインバータ、コンバータ、機構モデルなどを含めたリアルタイムなシステムシミュレーションの実行が可能です。 応答曲面モデルに比べ、より実際の条件に近い計算が可能です。




・システムモデル(応答曲面モデル)
System Model Generatorを使用して、予め計算された結果から応答曲面モデルを作成することが出来ます。 事前に複数の条件の解析を行う必要がありますが、リアルタイムシミュレーションに比べて高速にシステムモデルを解析することが出来ます。