解析事例

電磁界解析ソフトEfield -解析事例

Efieldは、統合型の三次元電磁界シミュレーション環境を提供しており、時間領域と周波数領域の両方の解法が共通のユーザーインターフェースを通じて利用可能です。Efieldはまた、強力なハイブリッド法を誰でも容易に利用できるようにしています。ハイブリッド法では、シミュレーション領域の重要な部分でのみ高精度な数値解法を使用し、残りの領域ではあまり計算コストかからない解法を用いることが可能になります。さらにEfieldは、分散メモリー型と共有メモリー型のマルチプロセッサのアーキテクチャに基づいて入念に並列化された、各種のソルバーによるハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)環境も提供しています。強力なCADインターフェースにより、モデリングとシミュレーションのプロセスが合理化され、既存CADモデルの再利用も容易です。このようにして、以前は不可能だった問題に対しても、三次元の電磁界シミュレーションを可能にしています。

単一のアンテナ素子でも大型のアンテナアレイでも、 Efieldの数値合成法によって確実かつ効率的な設計が可能です。
Efieldの独特なソルバー技術は、航空機や船舶など大型の乗り物に対するRCS解析に最適です。Efieldは、散乱およびRCS問題に対して産業界で長年にわたり使用されており、その素晴らしい性能は実証済みです。